立山越しの富士山 R元8月

甲子園の最後の闘いは…  

 今年も蒸し暑く、長かった夏が終わろうとしている。

 晩夏というにはまだ早すぎるが、今年の風物詩である夏の甲子園大会も大詰めとなった。

 特に筆者の地元である石川県は星稜高校の奥川投手の活躍が目覚しい。連日の報道は大会前からの前評判どうりの”外野”から見る者の期待を裏切らないが、昨夏の秋田県代表であった金足農業高校:吉田投手を彷彿とさせる。

 残念ながら金足農業は準優勝で終わったが、昨年はあれよあれよという間にその地位にまで上り詰め、日本中を沸かせたものだった。

 今年はどうかというと、大会前からの”優勝候補”の一角同士、強豪地区である大阪の代表校:履正社高校と石川県は星稜高校の決勝戦となった。

 しかし、昨年のフィーバーを思えば、地元である石川県なり、かほく市辺りでの盛り上がりが伝わってこないのはどうしたものだろうか。

 去年の秋田ではマスコミ各局がこぞって地元での盛り上がりを連日伝え、パブリック・ビューイングの大騒ぎだったと記憶するのだが…。

 ここまでの結果は小学校の時からのバッテリーという絆が取り上げられるが、甲子園まででのここまでの勝利を成し遂げた原動力は個々の力量だけではなく、チーム、集団(組織)の力があってこそは当然である。

 これは私たち職業人としての動物業界であっても然り、であろう。

 動物看護師もトリマーさんであろうが、会社(組織)に所属し、仕事の成果を上げる・結果を出すためには、他のスタッフとの協調性、連携、融和、信頼関係など”団体”としての総和である。

 目立つのはピッチャーばかりではなかろう。ゴロなりフライなり、計算通りしっかり取れる所でアウトを取れるのは、チームプレイのなせる業(わざ)。

 後逸されたり、送りバントがきちんと決められないと、勝てる試合も勝利は難しい。これはビジネスでも同じことが言える部分ではなかろうか。

 明日の甲子園は履正社高校の春のリベンジとなるか、はたまた星稜、悲願の初優勝をもぎ取るか、 いずれにしても次の試合が最後となる。

 今年は特に観る方(自分)も力が入る令和最初の夏、となった(*^_^*)

                              令和元年 8月21日(水) 文責:岡村昌英