スクイザー1

消毒剤、再び…希釈・5

 今日はTPG前の植木も退避させ、来るべく超大型台風に備えたところですが、衆議院議員

総選挙での”風”は富山で、あるいは石川3区(かほく市)で吹いたのでしょうか?(^_^.)


 さて蛇足ながら、消毒剤をその広さ(TPGの教場)の目安として、昨日のペットボトル2本分

ではなく、3本分=6ℓではダメなのか?多過ぎるのか?…を、昨日は言葉不足でしたので、

あらためて考えます。


 結論は…当然、だめではありません。何回もモップをジャブジャブと漬け洗いしているうちに、

回数に比例して、消毒液は汚れてきます。


 その汚れ方が少ないのは、スクイザーに液体(希釈した消毒剤)が少ないよりも多い方が当たり

前に、汚れにくいですよね。


そういう意味では2本分=4ℓよりは、3本分=6ℓの方がキレイに、それよりも4本分=8ℓ使えば、もっと

キレイな状態で掃除(消毒)できるに違いありません(^_^.)


 しかしペットボトル4本分の消毒剤を作るには、スクイザーも満杯に近く、持ち運びの移動に重過ぎ

ないでしょうか?(^_^.)


 また、それに伴う薬剤(ハイター)も相応に必要となり、経済性を加味したCP(コスト・

パフォーマンス)が良いとはいえない…


 しかし、常にキレイな消毒剤で丁寧な掃除を常に行うことにより、各種感染症の予防ができると

なれば、安いには違いはありませんし、それが生き物を扱うプロの自覚と責任だと言われれば、

CPに重きを置くのは間違い、とも言えます。


 従って、8ℓでもOKですが、スクイザーはより現実的に”遊軍的”な移動ができる使い方のものです

ので、6ℓ分で作っても全く差し支えはないのではないでしょうか。


 本来は、量は少ないよりも多い方が目的(消毒)に対する結果が伴う性質のもの、です(濃度は別モノです)。


…今回は前回の補足的な消毒薬の作成量の追記ですので、昨日の続きは次回、です。

 
                                 H29.10月22日(日)   文:主任・岡村昌英