カテゴリー/学校での一コマ

アシナガバチ

アシナガバチの巣

 猛暑。 今年の夏はひときわ、思う。

 先日学院長が珍しくハチに刺された。 ハチがこの暑さには寛容か耐え難いかは知らないが、猛暑がハチを攻撃的にさせるのだろうか。


 数日痛みが引かなかったようだが、そのハチらしき巣がエアコンの室外機の下にあるというので急行した。


 なるほど、かわいいハチが数匹、巣を守りながらこちらを見ている。どうやらアシナガバチのようだ。


 なるほど刺されても大したこと(アナフィラキシー・ショツク)はなさそうだが、他にも刺されて被害が出る前に駆除することにした。

 市販の殺虫剤1回の噴霧は、いとも容易く数匹のハチがボタボタと地面に転落し、苦しむようにもがいている。


 もはや守るべき親がいなくなった巣は造作なく私の掌に収まった。巣の中では幼虫が蠢いているのが見える。


 子供の頃には同じようにここから巣を分解したものだ。幼虫は近くのアリの餌となるのをみていた気がする。


 さて、ハチの巣である。どうしたものだろうか。


 駆除したはしたが、子供の頃の残酷な回想を思い出し、その対処に困ってしまった。踏みつぶすなり、水に漬けるのも簡単だが、むやみな殺生を戒めたい気持ちもある。


 敬虔な仏教徒でもないが、山川草木悉皆仏性(さんせんそうもくしつうぶっしょう=山川草木や生類すべてに仏性があるとする考え)というではないか。


 ましてやアシナガバチは蛾などの害虫の駆除を行ってくれる益虫でもあるのだ。むやみにハチを害虫扱いし、殺虫剤を噴霧してしまったのだが、これで良かったのだろうか。


 アシナガバチの巣駆除から、遠い記憶と万物の命を考えさせてくれた酷暑の一日となった。

 
                               H30.8月26日(日)   文:主任・岡村昌英

IMG_20180327_063319

エイプリルフール

 4月に入った。

 年度はH30年度となり、また来期に向けてのスタートとなる。


 今年は桜の開花が早く、富山市内の桜の名所:松川沿いでは既に満開状態。この数日は

車の運転席から川沿いにほころび始めた美しい花を毎日、楽しんではいる(写真は撮れず)

 さて、今日は1年のうちでも嘘(うそ)を付いても叱られない日という。


 気の利いたホラでもないかと辺りを見回せば…今年で御年17歳を数える、柴犬のケイコさん(♀)が元気そうに歩き回っております。


 その彼女、実は先月の上旬いきなり相当量の下血をして卒倒してしまい、以来、動物病院に入院しておりました<(_ _)>

 特別な処置もできず、”お迎え”待ち状態だったハズなのですが、手元のTPGに帰ってきてからは、日に日に元気を取り戻し、御覧の通り!( ゚Д゚)

IMG_20180321_134819 写真は単にお水を飲んでいるだけですが、ゴハンも食べることができようになったのは奇跡!


 倒れていた時のことを知っている人間には誰もが”信じられない”嘘のような回復ぶりとなりました(;´∀`)


 世の中には、ウソのような出来事が間々(まま)あるものですが、事実は小説よりも奇なりを地で行くような嬉しいお話でした。


 同じく、ウソみたいな良いお話、…今年はたくさん、TPGにありそうな予感が…


 エイプリル・フールではなく、事実は小説(夢)よりも奇の如く、先ずは大きな夢と希望を持ちたい春の一日でした(^^♪
                                 H30.4月1日(日)   文:主任・岡村昌英

IMG_20180220_153515

春の訪れはもう…近い?(*´ω`)

 昨日は二十四節気の雨水。


 天からの恵みが白く冷たいものから雨へと変わる頃というが、その通り、

富山の市内も雪溶けが進み、TPG学院の前も雪はすっかりなくなりました(^^♪


 思えば、このシーズンは1ヶ月前から一晩で50cmクラスの積雪が毎週続き、

連日の雪すかし(雪かき)にうんざり<(_ _)>

IMG_20180206_095504

IMG_20180214_093952
 当学院恒例の学生への寒冷地休暇は先月に消化済みとあって、3学期の

期末考査も大雪の大変な中、学生たちはしっかりといつも通りに登校し、

試験を受けていました…それなら、来年からはこの”寒冷地休暇”は必要ない

かも?(^<^)


 で、今日のお昼は、久しぶりの私:主任の手作りシチューを急遽、学生たちに

振る舞うことにいたしました。

  

 単に除雪もなくなり、スルことがなくなったから(^_^.)などではなく、先日の

バレンタイン・デイでの可愛い1・2年生たちからのサプライズ・プレゼントの

些細なお返し、の趣旨でもあります。

IMG_20180214
 彼女たちからのたくさんの手作りお菓子を頂ける事は冥利に尽き、2年生には

これまでの、1年生にはこれからの激励(エール)を込めて作らせて戴きました。

 …問題のデキ映えの方はというと…、

 ルウが足りなくなったので買いに行ってたら、鍋の底が焦がしてしまいましたが、

おコゲ味、美味しかったかな?(^<^)

 写真は食べてしまってから気づいたので、アリマセン…悪しからず(;´∀`)


                         H30.2月20日(火)   文:主任・岡村昌英

1 / 1012345...最後 »