カテゴリー/未分類

IMG_20180306_115922

卒業式の感動と余韻、から…

 平成29年度TPG富山国際ペットビジネス学院の卒業式が先日、ボルファート富山において行われた。

 煌びやかなこの日の装いは、特別なものは必要ないかもしれない位に卒業する学生たちが美しくも逞しくも見えるのは、単に年ごろの娘さんたちばかりのせいではない。

 夢と希望と期待に満ちた清々しい春、汗を振り絞った炎天下の夏、いよいよ実習にも座学にも身が入り出す秋、大雪に見舞われて通学に、遅刻にはらはらした冬…。


 学生たちの2年間の苦楽を共にした学びの日々も今日が最後と思えば、感慨深いものがある。


 晴れて社会人となる前途は洋々と開けるが、学生という束縛からの解放感に浸れるのもしばらくのはず。


 それは、自由という名の”不自由”に次第に何者にも守られていない不安と怖れに包み込まれていくからだ。


 だからこそ、自分の時間を大切にしてほしい。なにも勉強ばかりしようなどとは言わない。


 それは自分という人間への将来への投資と存在価値を高めるために使うためのものとして使って欲しい、と、ただ、思う。


 …などと、難しく、エラそうなことを書いている筆者が、自らの当時の反省を戒めて、

時間の無駄使いをしないようにとの、老婆心ながらの拙文でした(^_^.)


 光陰矢の如し 少年学成り難し。 みんなのこれからの幸運を祈ります。

IMG_20180223_103310


                            H30.3月8日(木)   文:主任・岡村昌英

                        

IMG_20180202_103656

社会学の特別講座

 先日、富山県の動物愛護行政について担当官をお招きし、「関係法令と富山県の

取組みについて」の社会学・特別講義を1年生、2年生の学生を対象に行って頂きました。


 1月には同じく富山県の動物取扱責任者講習が県下事業者向けに行われましたが、

今回は当学院の学生にも優しく分かり易い「動物の愛護及び管理に関する法律」や

「狂犬病予防法」の概説と経緯についての講義、解説を行って頂いたものです。


 対象の学生さんたちは今春、あるいは翌春それぞれがこのペット業界を担って、

いずれ活躍される人財であり、いわば”金の卵”。


 各自がペットショップ他の現場に巣立つ前から、実践的な監督官庁の考え方・

指導を学ぶことは有意義なことであろうと考えます。


 そういえば1月の下旬頃にNHKで動物関連のドキュメンタリー番組が2本ほど

放送されたようで、当学院にも番組を見た学生も数名いたそうですが、2ケ月前の

富山県動物管理センター見学のことと併せて今回の講義はタイムリーであったとも

いえます(^^♪


 学生数を考慮すれば、次回の特別授業は2年後になりそうですが、今年度の

入学予定の学生さん、またその翌年に入学を検討される新高校3年生の方には、

楽しみにしていて下さいませ(#^.^#)

IMG_20180205_
                              H30.2月5日(月)   文:主任・岡村昌英

IMG_20180124_104040

大寒の頃

 今季最強の寒波が到来とのことで、富山:TPGも例外に漏れず、この有り様。

 実況の写真は午前中のものであり、気温は氷点下2℃近くのため、それこそ

スキー場のようなブリザードになるのも無理はありません<(_ _)>


 先日の東京のようなこと(大渋滞)はないにしろ遠方からの学生も考慮し、

本日は寒冷地休暇の前倒しとしてTPGはお休みです。


 学生さんたち、先週のトリミング・ライセンス試験も終わり、解放感に

浸っていることでしょうが、「合格」という資格取得の”開花”をさせるには、

常日頃からの努力が必要でもあります。

IMG_20180124_104030


 今年もあと2ケ月もすれば、サクラサクの朗報もあちこちから聞かれますが、

ソメイヨシノ(桜)だって、単に”暖かく”なれば、サクラが咲くわけではありません。


 「休眠打破」といって、桜の花の芽はある程度の期間、寒さにさらされることが

翌春の開花の条件でもあり、つらい時期を耐え忍び、努力する必要性が、私たち

学生さんにも共通します(^_^.)


 朗報は暖かいところで寝て待っていてもやって来ません。


 アヒルもツルも優雅に泳いでいるようで、水面下ではせわしなく足を動かしている

のです。

IMG_20180119_151732
 TPGの学生にももうすぐ暖かく柔らかい日差しが降り注ぐ3月には、”寒冷暴露”も

含まれた学生生活を終えて、美しい花を咲かせてくれるでしょう(#^.^#)

                       H30.1月23日(水)   文:主任・岡村昌英

1 / 3612345...最後 »