カテゴリー/未分類

20140131160008243_431420d0b01eafca242acaf5c9f564531

消毒 その4 次亜塩素系・続

 昨日の続き、次亜塩素系消毒剤のデ・メリットを、思うままに載せます。


 次(3つめ?)は、薬品でありますので、使用と保存の方法を少しだけ

考えましょう。


 というのも、この薬剤は薄める(水など)と不安定で分解しやすい性質らしく、

あまり長く”持たなく”なります(-_-)


 消毒関係の本で読んだ記憶では、半年もすると自然分解が促進し、濃度は半分

以下にもなるそうです…

 でも日々の消耗品だがら、市販品1本(600ml)はそんなに持ちませんね(^_^.)


 ですので、消毒剤としては例えば、朝夕の1回づつの使い切り量、せいぜいが

1日量の希釈が推奨されているわけで、薄めた消毒剤はなおさらに意識しなければ

ならないようです。


 また、紫外線や温度の上昇時にも分解は促進されますから、保存場所も考慮する

必要があります。


 そういえば、ハイターやブリーチの頑丈なプラスチックボトルは、温度変化に

強そうだし、日光も通さないタイプですね。

他にも茶色い褐色のガラス瓶に詰められた薬品関係は同じ理由から遮光性の筈です。


 続けて4つめは、金属の腐食性、です。


 ステンレス製(ステンレス純度の高い製品)は大丈夫ですが、鉄製の部分が

あれば次第に錆びていきます。


 薬剤ではありませんが、数年前に道路端の支柱(ミラー?)が、犬の長年の放尿

により腐食し、倒れる報道がありましたが、それと同じ理屈でしょうか(-_-)


ゲージ内外や環境消毒の際に、金属などがありませんか?


拭き(清拭)忘れが積み重なると、長年の腐食により金属部分はボロボロになります

ので、注意しましょうネ。

                     画像出典:名古屋市のノロウィルス対策マニュアより

                          H29.10月10日(火)   文:主任・岡村昌英

IMG_201710

消毒剤 その3 次亜塩素ナトリウム系

 前回は次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒剤の功罪でも書こうと思っていました

が、そこまでに至りませんでしたので、その続き、です。

 では、この次亜塩素系薬剤のデ・メリットから…実はこれがたくさんある(^_^.)

のですが、先ずは…


 成分からして仕方がないところですが、強アルカリ性ですので、じかに触れると

ヒトの皮膚を侵食します(-_-)


 洗濯時なり、台所でのまな板の除菌時に手指を濡らして、指紋が溶けた経験は誰にも

あるところです(^_^.)


 皮膚は酸よりもアルカリの方が親和性が高いようで、強い濃度ほど、どんどん皮膚の

深くを侵してしまいますので、原液の取り扱い時にはかなり注意しましょう。


 また皮膚に付いてしまった時は、薬品による火傷となり、急いできれいな流水で洗い

流しましょう。


 ちなみに薄めた希釈剤であっても、スプレーで噴霧消毒すると、目や口や鼻から吸い

込んで、粘膜や肺胞を溶かすこともあるので、ゴーグル(保護メガネ)・マスク・手袋・

専用のガウン着用が望ましいのですが…そこまでは(^_^.)


 おまけに洗濯もの:柄物などは一発で色抜けしてしまいますし、線維にも悪影響を

及ぼします。


…例えば、雑巾は原液がかかると、生地が痛み、簡単にボロボロとなり”持ち”ません。


これが2番目の困りゴト、でしょうか( ˘ω˘ )


で、良薬は口に苦し…とは申しますが、それを補うに余りある利点がこの消毒剤には

ありますが、扱いにくい点(デメリット)はも少しありますので、それは次回に続けます。


                           H29.10月9日(月)    文:主任・岡村昌英

IMG_20170812_145959

消毒剤・その2

消毒剤…

前にビルコンという商品名の消毒剤について載せてみましたが、今日は同じく

次亜塩素系のものでも、もっとポピュラーなもの:ハイターについて書いて

みようかと思います。

写真は、その花王のハイターの”類似品”であるブリーチ®です(^_^.)


 この商品はメーカーが違えど、同様(薬剤濃度)のものがスーパーや

ホームセンターにあり、お手軽度満点!


 しかし、メーカーサイドは消毒剤という位置づけではなく、あくまで

”漂白剤”としての商品だったのが、昨今の世間の清潔志向から除菌としての

使い方の在り方も否定はしなくなった、ような気がします( ^ω^ )


 かなり以前、某メーカーのお客様相談室に「商品の成分である次亜塩素

ナトリウムは何%位、配合されているのでしょうか?」と聞いたことがあります。


商品の表示には成分表示はあっても、その割合は示されていないからであり、

次亜塩素系消毒剤として希釈するには、大体の配合割合(%)が必要だからです。


で、某社は返答に困るのか(?)、正確な数字は教えてくれませんでしたが、大体

5~6%の数字だったと記憶しています。


なぜ教えてくれないのか?


…それは、これらの商品は”消毒剤としての使い方ではなく、あくまで漂白剤として

使用してほしい”らしく、消毒剤としての使い方をしたいのであれば、消毒剤自体を

購入してほしい…と言われたのを思い出しました( ˘ω˘ )

 

…まぁ、液の保存の仕方いかんでは薬効もなくなりますし、責任問題にもなるから、

迂闊なことも言えませんネ。


で、今、同じことをメーカー側に同じことを聞いても、同じ返答なのかな?(^^♪

                        H29.10月8日(日) 文:主任・岡村昌英