カテゴリー/未分類

IMG_20180124_104040

大寒の頃

 今季最強の寒波が到来とのことで、富山:TPGも例外に漏れず、この有り様。

 実況の写真は午前中のものであり、気温は氷点下2℃近くのため、それこそ

スキー場のようなブリザードになるのも無理はありません<(_ _)>


 先日の東京のようなこと(大渋滞)はないにしろ遠方からの学生も考慮し、

本日は寒冷地休暇の前倒しとしてTPGはお休みです。


 学生さんたち、先週のトリミング・ライセンス試験も終わり、解放感に

浸っていることでしょうが、「合格」という資格取得の”開花”をさせるには、

常日頃からの努力が必要でもあります。

IMG_20180124_104030


 今年もあと2ケ月もすれば、サクラサクの朗報もあちこちから聞かれますが、

ソメイヨシノ(桜)だって、単に”暖かく”なれば、サクラが咲くわけではありません。


 「休眠打破」といって、桜の花の芽はある程度の期間、寒さにさらされることが

翌春の開花の条件でもあり、つらい時期を耐え忍び、努力する必要性が、私たち

学生さんにも共通します(^_^.)


 朗報は暖かいところで寝て待っていてもやって来ません。


 アヒルもツルも優雅に泳いでいるようで、水面下ではせわしなく足を動かしている

のです。

IMG_20180119_151732
 TPGの学生にももうすぐ暖かく柔らかい日差しが降り注ぐ3月には、”寒冷暴露”も

含まれた学生生活を終えて、美しい花を咲かせてくれるでしょう(#^.^#)

                       H30.1月23日(水)   文:主任・岡村昌英

IMG_20180114_171838

除雪…富山市は積雪30センチ

 先だっての大雪の天候も過ぎ去り、本日は快晴の日和。


 金曜からの駐車場の除雪で体はくたくたになりながらも、今日の気温は

7℃もあるから、融雪も進みます(^^♪

IMG_20180114_171822
 TPGには融雪の水が出ないの?…ではなく、やはりかなり雪が残るのです。


 というのも、融雪装置は地下水をポンプでくみ上げて流すため、長い間に路盤の

柔いところでは地盤沈下を起こし、所々”デコボコ”になるのです。


 もっとも駐車場を整備した時の舗装業者の”ウデ”は別モノですが(^_^.)


 で、3学期の通常授業でもある本日は実習日。

学生さんたちも無事に通学し、鈍った腕と手を奮わせております。

IMG_20180115_134137
 トリマーさんは除雪のスコッパを持つよりも、常にハサミを持って動かしていなければ、ウデが鈍るもの。


 頑張れ!未来のトリマーさん!その代わり、私はハサミは持ちませんからネ(^<^)

IMG_20180115_134408
                       H30.1月15日(月)   文:主任・岡村昌英

IMG_2018 1 08_102905

2018年の始まり…

 明けましておめでとうございます…とはいえ、平成30年は1週間以上も経ち、おめでたい

気持は何処へやら。


 で、盆も正月もなく平常モードなのはTPGの犬舎。


 ワンコたちにはこれといったご褒美も出していませんから、少し可哀そうかなとは思いますが、

彼らはおやつよりも、もっと私たちと遊んで欲しいに違いありません(^_^.)


 さて、2018年の抱負を年末の某全国紙1面の記事に触発されて書いてみたいと思います。


 それは「2018年問題」。


 市民生活には影響はないところでしょうが、教育業界には結構深刻な問題でありまして、

それは少子化に伴う年少人口減少から、今年2018年度から高校を卒業する18歳人口

(いわゆる高校3年生)がだんだんと減っていく事象を指します。


 例えば今年、2017年度の高校卒業生(高校3年生)はまだ100万人の大台以上には

ありますが、これが今年以降は減少の度合いが増して、近い将来には私立大学の経営も成り

立たなくなってくるという問題です。


 30年ほど前の規制緩和により国内の大学数、専門学校数は大幅に増え、一時の就職氷河期も

相まって、高校を卒業しての進学率は7割(地域差はあるが)にも達するとなると、各種上級校

(大学・短大・専門学校)には””よそ様の話”などとは言えるものではありません。


 しかしこれは当TPGも同じ問題ではありますが、私たちは学生の卒業までの限られた時間内で

ペット系を勉強する専門校として、私たちにしかできない分野(美容・看護・しつけ・専科・他)

での更なる充実を図ることが、他校との差別化につながるものと考えます。


 地域の”オンリー・ワン”を目指すTPGを、今年もよろしくお願いいたします。


                            H30.1月8日(月)   文:主任・岡村昌英

2 / 3612345...最後 »