カテゴリー/課外活動

P9240161

H29年度 富山県動物愛護フェス・4

 今日も富山県動物愛護フェスの続報、レポートの4回目、となります( ^ω^ )


 今回の紹介は、当学院の学生は全く関与していませんが、子猫の譲渡事業について書いて

みたいと思います。


 当初(動物フェスの報告)に若干触れましたが、当日は思ってもみないほどの子猫たちが

会場に持ち込まれていました(約50頭ほど)。


 印象としては、みんな「新しい家族」が決まるのだろうか?と(^_^.)


 ところがそんな心配もご無用! 今年も秋晴れに恵まれたのもあり、これまた例年以上の

人出で、この譲渡会が目的のご家族も多数だったはずの盛況ぶり(標記の写真)に、ひとまず

安心(^_^.)

 
 みんな男の子(♂)も女の子(♀)も、カワイイ子(子猫❤)いっぱいいる中から、選り

取り見取り!どの子にしようかな?ってネ

P9240147

 …って、お気に入りの子がいても、カワイイだけではお家にもっていってはいけません。


 これまで猫を飼ったことがある人もない人もいますし、子猫の飼い方からも分からない人も

います。 


 そんな方にも新しい家族を向かい入れために、分かりやすくこの譲渡会では責任ある飼い主

さんになってもらうための「飼う前教室」という形で”紙芝居”を行い、生き物を飼うという

終生飼養の概念を勉強できるのです。 


 その後に希望の子猫が家族となれるのですが、人気のある子は抽選という形なってしまう

こともあります。


 で、ご家族にご縁があった子猫は健康診断を経て、やっと新しい生活が始まることになる

のです。


 …もうみんな、素敵な名前を付けてもらって、優しい家族のみんなに可愛がられて、暖かい

お家で眠っている頃でしょうか。良かったネ!(^◇^)

                             H29.9月28日(木)   文:主任・岡村昌英

IMG_20170924_120206

H29年度 富山県動物愛護フェス・3

 H29年度富山県動物愛護フェスの続報、レポートの続きです( ^ω^ )

 さて私たちTPGの学生がお手伝いするのは、「お手入れ教室」だけではありません。

 例年、「愛犬のお手入れ~」は上級生である2年生の”仕事”であり、初参加の1年生には主催の

県の方からの割り振り(依頼)で、各ブースの補助員として活躍してもらっています。

 今日の写真はそんな中の1枚です。

 これは缶バッチ作りのワークショップ(体験ブース)で、当TPG富山国際ペットビジネス

学院の1年生が頑張っているところ、です。

 最初は緊張していた学生ですが、次第に慣れてきて1時間ほどでベテランみたい、ですネ(^^♪

 で、昨年の1年生は今年は先輩の2年生となり、動物愛護フェスの雰囲気にも場慣れしたハズで

あり(^_^.)、「愛犬お手入れ教室」で思う存分、力を発揮できるというワケです(^◇^)

 …とはいうものの、人数の関係上、他に派遣されたのは例年通りのここ(缶バッチ)と総合

受付(案内所)。

IMG_20170924_113738

写真はガランとしていますが、忙しかった時に撮れなかったものでスミません(^_^.)

これを参考に、また来年も学生共々、みんなで頑張りたい!と思います( ^ω^ )  

                              H29.9月27日(水)   文:主任・岡村昌英

H29 9月24日 富山県動物愛護フェスティバル 5

H29年度 富山県動物愛護フェス・2

 さて、肝心のTPG富山国際ペットビジネス学院「愛犬のお手入れ教室」のブースを案内

しようと思います。


 その模様は写真のとおり、今年もおかげさまで長い人は20分も待つほどの大盛況となり

ました(^^♪

 今年はトリミングテーブルは2台と昨年より1台少なかったのですが、混んだ時間帯は13時

までで事故もケガもなくスムースに愛犬たちのグルーミングを無事に終えられました。


 中には、お隣”ドギーパラダイス(TPGのお店)”の常連さんらにも盛況に花を添えて頂き、

感謝いたします


 で、私たちが行う「愛犬のグルーミング教室」とは、どんなことをしたのかを細かく報告

reportしようと思ったのですが、この日の”晴れ舞台”のためか、数日ほど前からみなさん、

行きつけのドッグサロンや美容室でキレイにお手入れされているコが多く、私達学生がお手入れ

他を”本格的”にしなければならないコは全然いませんでした。


…これも例年通りといえば、それまでですが(^_^.)

H29 9月24日 富山県動物愛護フェスティバル 2
 しかし、爪切りやパッド裏のバリカン、お耳掃除、肛門腺絞り、リボン付け等、飼い主さんが

自宅でできない事や、見たい部分、分からない事などを目の前で2年生が展示・説明して、

和やかに接遇できた経験は、学生さんたちにとっては大きな自信になったのではないでしょうか。

 それこそが私どもの大きな収穫であり、目標でもあります( ^ω^ )


                                H29.9月26日(火)   文:主任・岡村昌英

1 / 41234