アーカイブ/2017年9月

P9240210

H29年度 富山県動物愛護フェス・6

続いての報告は、愛玩動物協会・富山県支部が行っているペットの防災用品展示や

愛護事業の紹介へ。


毎年、グミの木広場という広い芝生が続く場所(管理センター庁舎の南側奥)で

ブースを持っています。表紙の前掲写真がこれです。


数年前はペット同伴の避難訓練とか○×クイズ等の企画があったハズですが、今年は

どうだったのでしょうか。


…いえ、例年、グミの木広場まで写真を撮りに行くときは、自分たちのブースが

一段落してからとなるので、いつも終わってしまっているみたいなんです(-_-)


が、まぁ気を取り直して、いそいそとテントの方で写真撮影へ。


撮りたいものは、今年も防災用品の実物展示!


このブログで、”偉そうな”コト、書いた手前、とりあえず、アップで2枚ほど。

P9240213

P9240216
ペットの同行避難時での持ち物として、食べ物、水に衛生用品、犬具に身分

証明他と具体的な品々の”取れ高”を頂きました( ^ω^ )


で、これらの実物は今朝9月30日、富山県と市が合同で行う防災訓練(富山市新庄

小学校)でのペット同行避難訓練で、もしかして展示されたハズ…気づくのが

遅かった、ようです(-_-)
                        H29.9月30日(土)  文:主任・岡村昌英

P9240135

H29年度 富山県動物愛護フェス・5

富山県動物愛護フェスの続報は続きます(報告・5回目)(^^♪


今日は小動物のふれあい広場について書いてみたいと思います。


ここは例年、管理センター前の広く解放感のある芝生の上に設置されており、

毎年たくさんの子供さんたちに人気のブースでもあります。

P9240138
今年は富山県立中央農業高校の生徒さんは、富山市ファミリーパークでの市の

愛護活動の方に参加されているようで、NPO法人ピース・アニマルズ・ホーム

さん単独で愛護動物を持ちこんで、お世話されていました。


持ってこられた小動物は、ワンちゃんとウサギ、カメの3種類。


柵の中に入った子供たちがスタッフさんからの正しい接し方を教えてもらって、

恐る恐る触ったり、撫でたり、抱っこしたり喜んでいる姿を見て、親御さんも

和んでいました( ^ω^ )

P9240134
小さな子供の頃から、身近な愛護動物と触れ合う機会があるのは、子供たちに

とって生命に対する感受性を養い、責任感や思いやりを持つ優しい心を育むに

最適。


また子供さんの非言語的コミュニケーション(ノン・バーバル)の意思伝達能力

(身振り・姿勢・表情など)に良い影響を与えてくれるとの研究もあるそうです

から、いわゆる情操教育にはぴったり!

P9240243
ぬいぐるみやロボットではなく、生きている動物と触れ合うのはとても素晴らしい

ことですネ( ^ω^ )


で、たくさん動物と遊んだら、これでオシマイ…ではなく、キチンと手洗い場で

手を洗うことも教えてくれます。

P9240130
自らの清潔を保つには良いことですが、本当はいろんな動物たちに触れあう”前”

にも、キチンと手洗いを行うことが、動物たちにとっても優しいことかも

知れませんネ(^_^.)
                       H29.9月29日(金)  文:主任・岡村昌英

P9240161

H29年度 富山県動物愛護フェス・4

 今日も富山県動物愛護フェスの続報、レポートの4回目、となります( ^ω^ )


 今回の紹介は、当学院の学生は全く関与していませんが、子猫の譲渡事業について書いて

みたいと思います。


 当初(動物フェスの報告)に若干触れましたが、当日は思ってもみないほどの子猫たちが

会場に持ち込まれていました(約50頭ほど)。


 印象としては、みんな「新しい家族」が決まるのだろうか?と(^_^.)


 ところがそんな心配もご無用! 今年も秋晴れに恵まれたのもあり、これまた例年以上の

人出で、この譲渡会が目的のご家族も多数だったはずの盛況ぶり(標記の写真)に、ひとまず

安心(^_^.)

 
 みんな男の子(♂)も女の子(♀)も、カワイイ子(子猫❤)いっぱいいる中から、選り

取り見取り!どの子にしようかな?ってネ

P9240147

 …って、お気に入りの子がいても、カワイイだけではお家にもっていってはいけません。


 これまで猫を飼ったことがある人もない人もいますし、子猫の飼い方からも分からない人も

います。 


 そんな方にも新しい家族を向かい入れために、分かりやすくこの譲渡会では責任ある飼い主

さんになってもらうための「飼う前教室」という形で”紙芝居”を行い、生き物を飼うという

終生飼養の概念を勉強できるのです。 


 その後に希望の子猫が家族となれるのですが、人気のある子は抽選という形なってしまう

こともあります。


 で、ご家族にご縁があった子猫は健康診断を経て、やっと新しい生活が始まることになる

のです。


 …もうみんな、素敵な名前を付けてもらって、優しい家族のみんなに可愛がられて、暖かい

お家で眠っている頃でしょうか。良かったネ!(^◇^)

                             H29.9月28日(木)   文:主任・岡村昌英

1 / 912345...最後 »