アーカイブ/2017年10月

IMG_20171019_122311

消毒剤、再び…希釈・10

 さて、今日もまたハイター液の希釈の続きを、書いてみます。


 数回前のこのブログでは、ハイター消毒の作成目標濃度は0.05%としました。


 その根拠は、ハイター液の消毒成分(次亜塩素酸Na)濃度5%から見れば、0.05%は1/100の

割合で計算しやすく、そして直感的に分かり易い数字(100倍)であり、単純に100倍に薄めれば

良い、ということを書きました。


 今日はその補足として、その0.05%の下限値でもなく、上限値でもない、あくまで”中間値”として

安心度・安全性について、書いてみます。

 

 まずは、次亜塩素酸Naでの消毒の下限値(0.02%)よりも濃く、上限値(0.1%)よりも薄いのは、

言い換えれば、安全性も高くて、消毒対象の微生物も若干幅も広がり、”使い勝手”が良い濃度という

のがメリットの1つ。


 次には、希釈する際の消毒剤も、薄めるために入れる水も”大体の量”であっても、十分にその

キャパシティに余裕があるということ。


 思い当たるところはこの2点ですが、…同じ0.05%での仕様でも、さらに消毒力をパワーアップ

(効力増)させる方法がありました(゜o゜)


 その方法とは、今回の作成濃度自体とは違う話なので…また、後で書いてみたいと思います(^_^.)


 で、0.05%の作成濃度でOKですか?


 細かいことを言えば、一般的な除菌ならば0.02%でもOKですし、少しアヤしいなぁと思えば、

0.1%の濃い目で作って、消毒しても問題はないことは付記して、PCの調子の良いうちに今日は

終わります(^^♪
                                 H29.10月31日(火)   文:主任・岡村昌英

IMG_20171019_121401

消毒剤、再び…希釈・9

 今日はPCの調子も良さそう(^_^.)なので書いてみますが、台風崩れの爆弾低気圧のおかげで、

めっきり寒い一日でした。


 TPGの犬舎内も夏の熱さが恋しく感じられ、新聞紙のビリビリお布団も多めに欲しくもなって

きます…(ワンコの代弁)


 で、寒くなってくるとおろそかになりがちなのが、消毒、ですね(^_^.)


 ということで、ハイター液の希釈の続きを書いてみたいと思います。


 前回は薄め方の、溶媒(水)を足す時の注意を書きましたが、おさらいとして…50円の1割は5円、

55円の1割は5.5円、です。


 これを消毒剤の希釈での場合で考えれば、ハイター液を例えば5mlを10倍に薄めれば、50mlの

希釈剤ができ、濃度は5%×1/10=0.5%のハズです。


 ところが、10倍に薄める(割る)時に、その薄める溶媒(水)から溶質(ハイター液分)を引かな

ければならないのが、前回の説明でした。


 ですから、この上の通り、そのものの分を引かなかった時には、どうなるのか?


 5ml(溶質:ハイター液)+5ml×10倍(溶媒:水)=5ml+50ml=55mlの希釈剤ができ、その薬剤

濃度は…ハイター液自体の濃度が5%でしたから、5%÷11(…10ではありません)=0.4545…となり、

約0.45%となります。


 本来は目的の10倍に薄めた時には5%の1/10ですから、0.5%が正しいのですが、このように溶媒

(ハイター)そのもの+溶媒分(溶質の10倍)で考えてしまうと、このように「薄く」なってしまい

ますので要注意。 


 今日はとりあえず、前回の復習まででオシマイにします( ^ω^ )
                                  H29.10月30日(月)   文:主任・岡村昌英

IMG_20171026_140043

元気が一番!…イノキじゃないよ(^_^.)

  秋晴れの快晴が心地よいある日、TPGの店舗研修の学生と共にお掃除しているところに、

珍しい顔ぶれが(゜.゜)

 数年前の卒業生であるK場さんとN井さんの2名がそろって遊びに来てくれました。

 …しかし、残念ながら正面からの”記念写真”は取らせてくれませんでした(本人曰く、恥ずかしい)

ので、写真は後ろ姿からのものです。  

 和やかな昔話に花を咲かせられるのも、現在の充実があるからこそ。

 訪ねてくれたお二人ではありませんが、結婚してお子さんをもうけたり、専業主婦したり、

業界内で転職してキャリア・アップするのも、また一興。

 長い人生はここの学校を卒業して、勤めた企業がすべてではありません。敷かれたレールの上を

滑っていくだけでもありません。

 初志貫徹の夢が美しいとも限りませんが、自分の思いが常々、変わりゆくものであっても、

それはそれで誰にも否定はできませんし、むしろ尊重されるものではないでしょうか。

 ともかく、当学院:TPGで学んだ時間と技術を基礎として、まだ見ぬ広い大海原に漕ぎ出す

のはみんな、それぞれ一人、なのです。  

 そんなみんなにはそれぞれに”頑張れ!”とだけしか、エールを送ることしかできないのが、

送り出す私たちTPG、です。                   

                                 H29.10月27日(金)   文:主任・岡村昌英

1 / 1012345...最後 »