アーカイブ/2017年11月

DSC_1485

初冬の関西…研修旅行・5

  さて、TPGの2年生研修旅行は続きます。

 決して、大阪ららぽーとエクスポシティやUSJがお目当てのハズなどありませんので、

今日もあくまで”研修”のレポートをいたします(^^♪

 お天気も回復した翌日は、新大阪駅前のとある会場でワンコのセミナーが開催されました。

 主催はペットのデンタルケアで業界に名をはせるKPS社。

 今回は主に飼い主さん向けにペットショップ等で私たちが歯周病の怖さを教えて、

予防できる商品を提案する、できるといったマウスケア全般の勉強会と、ペットの高齢化を

見据えての各種病気を予防する”未病”といった考え方に対する講習と商品提案の勉強会でした。

 私たちが日頃見たこともない新商品群のレクチャーは、学生には吸収できることも多かった

のではと思います。

 ヒトと違って歯磨きをしない、できないイヌは、食べかすが歯垢・歯石と付着し、やがて

歯周病へと進行します。

 その進度はヒトの4~5倍のスピードであり、歯周病のコワさは口腔内での細菌が血管を

通して全身を駆け巡ること…

 放っておくのは万病の基(もと)ともいえるのは、ヒトも同じで高齢者や抗がん剤を

使った後などでも、同じように歯周病に注意が喚起されていたりもしますよね。

 TPGでのデンタルケアの講義はなかなか実践の授業ができない分、2年生みんなが大変

勉強になったのではないかと思います。

DSC_1484

 最後は講座終了の証の終了証も、同社代表取締役社長より戴いた、新大阪での研修会

でした!(^◇^)   

                          H29.11月23日(木)   文:主任・岡村昌英

IMG_20170323_145700

イヌを飼うには月にどれ位かかるの?…5000円/月は高い?安い?(^_^.)

 久しぶりに日本ペットフード工業会の統計より、考察を書いてみます。


 この表はイヌを飼っている家庭(世帯)での1ヶ月当たりのペットフードの購入金額を

調査したものです。


 表から分かることは、棒グラフでのオレンジ色(主食のドッグフード:総合栄養食)は見にくい

ですが、”ラクダの背”状に上下している…つまり、犬種や大きさは不明ながらも、各世帯別では、

1000円未満の支出、2000円未満の支出、3000円未満の支出と5000円未満の支出の波があること。


 これは飼われている頭数等にもよるのでしょうが、一般的にはフードの汎用、中・高級志向の

うねりが見られるのではないか?


 ヒトもそうですが、食べ物へのこだわり・高級化はペットにも押し寄せ、価格帯が上がるにつれての

「安心&安全」をお金で買っている部分も、世帯(ヒト)によってはなかろうか、と(^_^.)


 また黄色の棒グラフはイヌ用の、いわゆる”おやつ”での一月当たりの支出額…これは、1000円未満が

合計で67%を占め、3世帯に2世帯はおやつにかける経費は1000円未満、といえます。


 1袋500円なら2袋の購入、300円くらいならば3袋買っているというのが理解できますネ。


 で、問題なのが、赤色の棒グラフ… 5000円~1万円の支出帯が一番多いですネ。


 こういうのを見ると、ペット(犬)を飼うと”お金がかかる”印象となります<(_ _)>


 しかしこれは、「医療費」が加算されている棒グラフだからこうなるのですが、単純に月当たりの

医療費の支出でも統計が取れればよいのですが、…思えば、動物病院でも”フード”、売ってますからね。


 例えば、療法食なんかがそうですが、…これも単純に獣医師に”これを食べてください”と飼い主さんが

言われれば、買わざるを得ませんし、安売りの対象でもなく、定価販売の”言い値”ですから、購入している

世帯では高額にならざるを得ませんし、また、それぞれが、別の統計としては難しいのが分かる気も

しないでも、ないです…歯切れが悪くて、スミません(^_^.)

 
                                    H29.11月22日(水)   文:主任・岡村昌英

DSC_1481

初冬の関西…研修旅行・4

 続いての次回は、製品の製造を担当する工場からのレポートで、今度は私たちが実際に

ヘア・オイルを作らせて頂いた実習もありました。


 ハートランド社のZOIC(ゾイック)が作られているのは、京都市のお隣の滋賀県は草津市。


 本社の方から車で移動する事、30分強。近畿の水がめである琵琶湖のほとりに「安心&安全」を

具現化する工場があります。


 ここで私たちが日々お世話になっているZOIC(ゾイック)の商品群が作られており、なるほど

見たことのあるパッケージもちらほら。

 残念ながら写真撮影はNGですが、培われた企業秘密だから仕方ありませんね。…もっとも、

素人が見てもさっぱり分かりませんが(^_^.)


 で、工場の方でも丁寧な説明を係の方から頂き、私たちも恐縮の至り…みんな、ZOIC商品を

使わないと、バチがあたりそう(^_^.)


 最後は自分用のヘア・オイルをそれぞれ、レシピに従って作るワークショップ。


 見学者用の決まった工程ながら、数種類の液体を決まった量入れなければならない、もどかしさ

に一喜一憂!…1滴の重さで左右します( ^ω^ )


 そして自分で作った香料オイルの完成された”黄金比”は、わずかコンマ0.00数%の配合で決まる

のだと勉強できました。


 工場の皆様方にもご丁寧にお世話を頂きまして、昨日に続きありがとうございました<(_ _)>


 みんな、ZOIC(ゾイック)製品を手にする時はこの日のことを忘れないと思います( ^ω^ )


                                  H29.11月20日(月)   文:主任・岡村昌英